17、1、20、 更新 実積率9割の夜尿症(おねしょ)を治す方法はこれ

実積率9割と云う最も効果の高い夜尿症を治す方法は、トレーナー役としてメールで我々経験者の指導アドバイスを受けながら、おねしょアラームを使った条件付けと云われるトレーニング方法で、夜尿時においてもオムツを外す時のトイレトレーニングで習った「おしっこを止めトイレで排尿」が問題なく自分独りで出来る様にする事です。

つまり夜尿者の大半は就眠後3時間以内の一番眠い時間帯に漏らしており、この夜尿の瞬間をおねしょアラームを使って音で捉え、鳴る音を合図に起こし、繰り返し行い、学習する事。

唯9割と云う高いう数字は我流では残せないが、が着く事で可能となります。
それはトレーニングだから!!


いるのが尿を溜まった事を知らオムツを外した時と全く同じ「おしっこを止めトイレで排尿」のトイレトレーニングをせる信号が脳に届き、これに反応するも止める事が出来ずに漏らしているのが夜尿。

その夜尿の瞬間を捉え、起こし、、夜尿の都度繰り返す事で排尿環境が変わり、その環境に適合しようと
夜尿の瞬間が音で判る
目覚まし時計代わりに使い、鳴る音を合図におこし、乳児期に使っていた排尿機能を一切使わないようにし、乳児期に使っていた排尿機能からの完全なる離脱、これが夜尿を治す唯一の方法です。

これはパブロフの犬で有名な条件付けと云われるトレーニング方法で、脳の眠りの中で排尿している夜尿者にとっては最も有効な方法です。

これらが夜尿時においても問題なく自分独りで行える様になれば夜尿は治ります。


事実この方法で毎晩グッショリだった私自身や息子、そして取り組まれた方の様々なタイプの夜尿が9割と云う高い確率で治っています。

やり方を順序立てて説明すると、
使い、鳴る音で目覚める気配がなければ起こす ⇒出てしまった後であっても必ずトイレに連れて行き ⇒脳を完全に覚醒させた状態にして最後の一滴まで絞り出す様に排尿させる。


仮に鍼灸や漢方、投薬を治す手段として使ったとしても、上記の「おしっこを止め、トイレで排尿」の排尿調整を自分で行わない限り治す事は叶いません。

何故なら自分の意思で止めて出す、この際に生じる時間差、タイムラグが


メニュー
 会社案内
 
 経 験 談
 夜尿の原因
 排尿の仕組み
 夜尿を治す方法
 おねしょアラーム
 価格、送料
 アラーム注文
 部品の注文
 質問、相談
 
                 質問、相談コーナーにリンク
質問したい事、疑問に思った事、他社メーカを使っていて治らず中断された方、何なりと相談下さいお待ちしています。